ぎっくり腰

腰痛専科広島 >> 腰痛 >> ぎっくり腰

ぎっくり腰

くしゃみをしたり、重い物を持ち上げた時などに起こる急性の腰痛です。 医学的には急性腰痛症といいます。(ドイツでは「魔女の一撃」と呼ばれています。)

ぎっくり腰は長い間、腰に負担をかけている状態で不意に負荷がかかるなどした時に筋肉、筋膜、じん帯、 軟骨が損傷し、痛みをもたらす腰痛です。 患部が炎症をおこしていますので、まずは安静にして氷水で10分ほど患部を冷やして下さい、痛みが引かないようなら4、5回繰り返してください 尚、温めたり、マッサージはしないで下さい。

一向に痛みが引かない時は、他の病気が隠されていることもあるので注意が必要です。

生活習慣の改善としては、ぎっくり腰になる方は、体の硬い方運動不足の方に多く見受けられる傾向にありますので、日々の軽い運動やストレッチなどの適度な運動が大切です。