脊柱管狭窄症

腰痛専科広島 >> 腰痛 >> 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)は、背骨にある脊柱管が何らかの原因で狭(狭窄)くなり、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることで腰痛(神経痛)を引き起こす病気です。

似たような症状で椎間板ヘルニアと混同しがちですが、多くの場合、ヘルニアは前屈時に痛みが生じ、脊柱管狭窄症の場合は背中を反る動作で痛みが生じます。


【症状】
狭窄具合によって症状は異なりますが、脊柱管狭窄症の代表的な症状の特徴として「間欠跛行」という症状があります。 これは「神経が圧迫されることで発生する間欠的な足の痛みで歩行が困難になり、少し休むと再び歩けるようになる」という症状です。

これは、歩行することで狭窄部が、さらに狭くなり神経の圧迫を強めるためにおこります。

その他に、脊柱管内にある神経根が圧迫されることで腰痛や足に痺れを引き起こす「神経根型」。

同じく脊柱管内にある馬尾(神経の束)が圧迫されることで足の痺れ・麻痺、脱力感、排尿・排便困難を引き起こす「馬尾型」があります。


【原因】
脊柱管が狭窄する原因を大別すると2つに分けることができます。

・先天性狭窄
生まれつき脊柱管が狭いという先天的な狭窄。

・後天性狭窄
老化、発達障害、外傷、椎間板ヘルニア、脊椎すべり症などにより、脊柱管が狭くなった後天的な狭窄。


【治療】
症状が軽い場合は安静を心がけながら下記の保存療法を中心に治療を進めます。

・薬物療法
「鎮痛薬」「血管拡張薬」などの薬を使った治療法です。

・理学療法
血行の改善を目的とした温熱療法、腰の牽引などです。

・装具療法
コルセットを装着し腰へかかる負担を軽減させ症状を悪化させない治療法です。

・神経ブロック
神経に直接注射をすることで痛みの伝達をブロックする治療法です。

・手術
上記の保存療法で効果が得られなかった場合手術となります。
手術法については、症状によって「開窓術」「椎弓切除術」などがあります。 基本は、脊柱管を広げるという手術になります。