坐骨神経痛

腰痛専科広島 >> 腰痛 >> 坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経は、腰椎→骨盤→太もも→ふくらはぎ→足裏にまで伸びている太い神経です。
この坐骨神経が刺激されると、腰やおしりが痛み、太ももの裏や足先にかけてのシビレが起こります。 最も多い原因は、腰椎椎間板ヘルニアです。

その他、梨状筋症候群、腰椎分離症・分離すべり症 、変形性腰椎症、脊椎管狭窄症などがあります。 筋肉の緊張、腫瘍などで、神経が圧迫されて、痛みやしびれが出る場合もあります。
坐骨神経痛は、お尻の軟部組織が炎症を起こしているケースが多くあり、慢性痛が続きます。

カラダ全体のバランスを整えることで、炎症を起こしている患部の負担を減らし、痛みやシビレが改善します。