変形性腰椎症

腰痛専科広島 >> 腰痛 >> 変形性腰椎症

変形性腰椎症

変形性腰椎症とは椎骨(腰椎(背骨の腰部分の骨)を構成する骨)が加齢により変形し腰痛が生じる病気です。

変形をもたらす原因は主に椎間板の老化によるもので、老化により柔軟性を失った椎間板が徐々に磨り減り、それに刺激されて椎骨に骨棘(こつきょく)と呼ばれる棘ができ、この骨棘が神経を刺激して痛みを生じさせる病気です。

骨の変形程度は人それぞれで、痛みの出方も人それぞれです。中には痛みが出ない人もいます。


【症状】
主な症状は鈍い腰の痛みですが、臀部・下肢に痛み、痺れを感じる場合もあります。 腰を反らせる、曲げるといった動作が辛くなり、起き上がり、立ち上げ李など動き始めの動作で痛みが生じます。

また、症状が進行すると、体が側方に曲がった側弯、後ろに曲がった後弯になることがあります。


【原因】
原因は主に加齢による椎間板の劣化にありますが、過去の生活環境(骨に負担の掛かる肉体労働)や遺伝的要素(骨の強さ)なども原因としてあげられます。


【治療】
基本的には保存療法で対処します。手術が必要になることはあまりありません。
※骨の変形があっても症状がなければ治療の必要はありません。

保存療法
・温熱療法
変形性腰椎症に効果的な治療法で患部を温める事で症状を軽減させます。 家庭でできるものとしては入浴、温湿布などがあります。

・薬物療法
痛みをやわらげる消炎鎮痛薬、筋肉の緊張をとる筋弛緩薬、血流をよくする末梢循環改善薬などを用いる事によって症状を軽減させます。

・装具療法
急性期の痛みが強いときに装具(コルセットなど)を使用し腰をサポートしてあげます。痛みがとれたら使用を止め腰痛予防のための筋力強化に努めましょう。

症状が軽い時は、腰痛体操やストレッチなどで筋力をつけて再発の防止に努めます。安静にしすぎると、筋肉の低下を招きかえって症状が出やすくなりますので注意が必要です。