広島で腰痛の専門院「腰痛専科

腰痛が発症しやすい時期

【質問】
季節の変わり目になると腰が痛くなることが多いのですが、腰痛が起こりやすい時期というものはあるのでしょうか?

【答え】
腰痛には発症しやすい時期というものがあります。

それは、おっしゃるとおり季節の変わり目です。特に寒暖差が大きくなる日は注意しなければなりません。

寒暖差の大きくなる日の朝は注意が必要です。寒さにより筋肉が縮こまっていますので、その状態でいつもの要領で体を動かしていると、その動きに対応しきれず筋肉が損傷してしまい腰痛が起こることがあります。

そういった日には、布団の中で体を動かして筋肉に刺激を与えるようにしてください。そうしてゆっくりと起きて徐々に体を動かすようにしてください。洗顔、靴下を履く時など中腰にならないように気をつけてください。


2019年03月14日

腰痛クイズ

クイズで腰痛の正しい知識を身に付け腰痛を予防しましょう。

【問題1】
腰に負担が大きい姿勢はどっち?
A.座っているとき B.立っているとき

【問題2】
腰に負担が大きいマットレスはどっち?
A.柔らかいマットレス B.硬めのマットレス

【問題3】
腰痛になりやすいのはどっち?
A.最近、肥満になった人 B.元々肥満の人

  【問題4】
腰痛になりやすい季節はどっち?
A.冬 B.夏



【回答1】
立っている時より、座っている方が腰に1.4倍の負荷が掛かります。

【回答2】
柔らかいマットレスは、腰のS曲線を崩してしまうため腰に良くありません。

【回答3】
元々肥満の人は、その体重に耐えうる筋力を持っています。しかし最近肥満になった人は体重に耐えるだけの筋力を持っていないので腰痛になりやすくなります。

【回答4】
腰痛は冷えが大敵となりますので、一応答えは冬になりますが、夏も冷房・冷たい物の食べすぎなどが影響して体が冷える事がありますので、夏でも油断は禁物です。


2019年03月28日