広島で腰痛の専門院「腰痛専科

超簡単な腰痛の改善法

お辞儀をしたり、前屈みになったときに腰に痛みを感じる人は、普段の姿勢が悪く背筋が筋肉疲労を起こしていたり、椎間板が機能低下を起こして椎間板ヘルニアを起こしている可能性があります。

痛みを和らげる対処法は、とても簡単です。

前屈みになって痛みが出るわけですから、体を反らせてテンションをとってあげてください。

ちょっと腰を曲げた姿勢が続いたと思ったら、それをリセットする感覚で腰を反らせるストレッチを行うといいでしょう。そうすることで症状の改善を図ることができます。


2019年01月17日

更年期障害と腰痛

更年期障害とは女性が更年期を迎えることで起こる体調不良の総称です。女性ホルモンの急激な低下が原因で「発汗、冷え、動悸、息苦しさ、疲労感、頭痛、肩こり、めまい、イライラ、意欲の低下、不安感、むくみ、しびれ、嘔気、食欲不振、腹痛、便秘、下痢、腰痛」など様々な症状を引き起こします。

更年期を迎え腰痛が発症したら、その腰痛、更年期障害が原因かもしれません。 また、これから更年期を迎える女性の方は、早めの対策で症状を軽くするようにしましょう。

更年期障害予防で大切なことは以下の3点になります。
「バランスのよい食事」「適度な運動」「休養」
規則正しい生活を送って更年期障害を予防しましょう。


2019年01月31日