広島で腰痛の専門院「腰痛専科

子供が訴える腰痛

【質問】
腰が痛くてゴルフができないのですが、どうすればいいでしょうか?

【答え】
ゴルフをしている人で腰痛を経験した人は多いのではないでしょうか?

「数回スイングすると腰が痛くなる」
「ゴルフの次の日腰が痛くなる」

なぜこのようなことが起こるのかと言うと、ゴルフは同じ方向に捻るという動作を何度も繰り返すため、同じ筋肉ばかりを使ってしまい、この筋肉の偏りが腰痛を引き起こしていたからです。

そこで、腰痛がある人は練習の際に利き腕の反対側でスイングをするようにしてみてください。筋肉をバランスよく使うことで腰痛予防につながり、ひいてはプレイの向上につながります。 これはプロの人も取り入れている練習法です。

身体のバランスを意識するということは腰痛予防にとって大切なことです。スポーツだけでなく日常生活でも「足を組む」「鞄を同じ手で持つ」など偏った行動をとっていると、ぎっくり腰などの腰痛の呼び水となりますのでご注意下さい


2018年02月01日

食事と腰痛

腰痛予防で腹筋や背筋を鍛えることは良い事なのですが、それと同じぐらいに食べることも大切になります。

なぜなら、筋肉は食事によって作られるからです。

筋肉を作る栄養素は「たんぱく質」です。たんぱく質を多く含む食品は肉類、魚類、大豆製品、乳製品などになります。

ただ注意しなければならないことがあります。それは脂肪の少ない食品を選ぶという事です。

脂肪の取りすぎで肥満になっては元も子もないですからね。

そうならないために、肉なら「ささみ」牛乳なら「低脂肪のもの」などといった食品を選ぶようにし筋肉に栄養を与えてあげましょう。


2018年02月08日