広島で腰痛治療は腰痛専科にご相談ください

腰痛と喫煙の関係性

【質問】
腰痛持ちなのですがタバコを吸うことで腰痛が悪くなることはありますか?

【答え】
ヘビースモーカーの方は腰痛に気をつけてください。

タバコに含まれるニコチンが椎間板に悪影響を与えるため椎間板ヘルニアが起こりやすくなります。

これはマウスを使った実験で分かったことで、喫煙する人はしない人よりも椎間板ヘルニア発症のリスクが高くなります。

ヘビースモーカーで腰痛があるという人は、禁煙することで腰痛が改善させるかもしれません。

とはいっても禁煙はなかなかできるものではありません。そこでまずは1日に吸う本数を減らす「節煙」から始めてみてはいかがでしょうか。


2016年06月08日

椎間板ヘルニア治療で大切な事

【質問】
椎間板ヘルニアと診断され治療を受けているのですが一向に症状が良くなりません。治療が間違っているのでしょうか?

【答え】
椎間板ヘルニアは、背骨の骨と骨の間にある椎間板が外部からの負荷や老化などの原因により押し出されて、神経が圧迫されることにより腰痛や足に痛み・痺れなどの症状を引き起こす疾患です。

ただここで注意しなければならないことがあります。

それは、椎間板が押し出されることは年をとれば誰にでも起こりうることで、さらにその押し出した椎間板が神経を刺激したとしても症状がまったく出ない人もいるということです。

椎間板ヘルニアの治療には、まず椎間板ヘルニアの症状が見られても、その症状が椎間板ヘルニアによるものなのか、そうでないのかを見極める必要があります。

そうして初めて治療法が決定されるのです。


2016年06月15日