広島で腰痛治療は腰痛専科にご相談ください

腰痛に良い食べ物

【質問】
腰痛に良い食べ物ってありますか?

【答え】
腰痛を予防するためには、体操やストレッチなど外部からのケアばかりではなく体の中からケアすることも重要です。

そこで、腰痛予防・治療に効果のある栄養素とその栄養素を多く含む食材をご紹介します。

ビタミンB1・・・疲労回復に効果があり、豚肉、うなぎなどに多く含まれる。
ビタミンE・・・血行を良くする働きがあり、かぼちゃ、アーモンド、マーガリンなどに多く含まれる。
ビタミンB12・細胞を修復する働きに効果があり、しじみ、レバー、秋刀魚、海苔などに多く含まれる。
ビタミンD・・・カルシウムの吸収をよくして骨を強くする効果があり、鰯、鮭、秋刀魚などに多く含まれる。
カルシウム・・・骨を強くする材料であり、小魚や乳製品に多く含まれる。

最後の2つは高齢者に多い骨粗鬆症による腰痛を防ぐためのものです。

基本的には腰が重いなぁ(腰痛が起こりそう)と感じたらビタミンB1を起こってからはビタミンE、B12を積極的に摂るといいでしょう。


2017年05月18日

ぎっくり腰は癖になる

【質問】
ぎっくり腰は癖になると言われていますが本当ですか?

【答え】
それはぎっくり腰が治っても再び悪い生活習慣によってぎっくり腰が再発してしまうことから、そのように言われています。

ぎっくり腰が癖にならないようにするためには、その悪い生活習慣を改める必要があります。

【悪い生活習慣】
・姿勢
多くの腰痛が姿勢の悪さが原因で起こっています。歩く姿勢、座る姿勢、寝る姿勢、物を持つ姿勢など正しい姿勢を保つ事で腰への負担を減らす事ができます。

・疲労
長時間同じ姿勢が続くと筋肉が疲労し凝り固まってしまいます。このような状態の時にぎっくり腰がとても起こりやすくなります。疲れが溜まっている時はストレッチや入浴により凝り固まった筋肉を解してあげる必要があります。

・運動
筋力が低下すると負荷に対する抵抗力が弱くなりぎっくり腰が起こりやすくなります。トレーニングをして筋力をつける必要があります。腰痛がある方には腰に負担の少ないウォーキンが最適です。


2017年05月25日