広島で腰痛の専門院「腰痛専科

アメリカの整形外科学会による「腰痛を予防する5つのポイント」

アメリカの整形外科学会が「腰痛を予防する5つのポイント」を発表しています。

1.長期の安静はかえって症状を悪化させることがあるため、痛みが引いてきたら通常の生活にできるだけ早く戻る。
2.物を持ち上げるときは、上体で持ち上げるのではなく、じゃがんでから足の力を使って持ち上げるようにする。
3.肥満は直接腰に負担がかかるため適正な体重を維持する。
4.歩く時、座る時など正しい姿勢を身につける。
5.禁煙をする。タバコに含まれるニコチンが椎間板の劣化を早める要因になっている。

当たり前のことが多いのですが1と5は意外と思われる方が多いかもしれません。

1は安静にして筋肉を低下させるよりも「筋肉を動かして血行を良くし症状を早く治そう」という考えです。

5は椎間板の強度が遺伝により変わると言うことです。

何れも自分自身で予防できることですので、腰痛持ちの方はチェックしておいてください。


2017年01月05日

腰痛予防(治療)・ウォーキング

腰痛予防(治療)に最適な運動はウォーキングです。

ウォーキングは腰への負担が少なく、腰痛予防に必要な腹筋、背筋を強化することができます。その他にも、心肺機能の強化、骨粗鬆症予防、肥満解消など様々なメリットがあります。

さらにジムに通う必要もなく経済的なメリットがある点も優れています。

ウォーキングといっても只歩けばいいってもんじゃありません。ウォーキングをする際には正しい歩き方を身に付けて行なわないと効果は半減してしまいます。

「背筋を伸ばして、地面を蹴るように足を出し、かかとから着地します。」


2017年01月12日