広島で腰痛治療は腰痛専科にご相談ください

腰痛予防(治療)・筋力トレの重要性

腰痛予防(治療)に腹筋を鍛えろとよく言われますが、なぜ腹筋を鍛えると腰痛が予防(治療)できるのでしょうか?

腰痛は体のバランスが崩れると起こりやすくなります。このバランスの大元となるのが背骨です。 その背骨は背骨だけでバランスをとっているわけではなく、周りにある筋肉によって支えられています。

ここで質問です。もしも周りの筋肉がなかったとしたら背骨はどれくらいの負荷に耐えられると思いますか?

答えは2kgです。 僅か2kgの負荷で体のバランスが崩れてしまうのです。 だからこそ腰痛予防(治療)に腹筋や背筋を鍛えることが重要となるのです。 そこで家で出来る簡単な腰痛体操をご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

腹筋を鍛える腰痛体操
1.両膝を立てて仰向けに寝ます。
2.身体を丸めながらゆっくりと上半身を10センチ程度起します。
3.ゆっくりと元の位置におろします。
4.2〜3を自分のできる範囲内で繰り返します。

背筋を鍛える腰痛体操
1.両膝を立てて仰向けに寝ます。
2.お尻と背中を10センチ程度持ち上げます。
3.ゆっくりと元の位置におろします。
4.2〜3を自分のできる範囲内で繰り返します。

腰痛予防(治療)に効果のある腰痛体操ですが、正しい方法で行なわないと逆効果になる場合がありますので、必ず正しいやり方で行ない、以下の注意事項を守るようにしてください。

【注意事項】
・体操時は必ず呼吸をする。
・体操時は鍛えている筋肉を意識するように行い反動をつけて行なわない。
・毎日続ける事が重要なため決して無理はしない。少なくてもいいので毎日出来る運動量を決める。
・痛みが出たら体操を即中止する。


2016年12月15日

よくある質問・腰痛治療編

【質問】腰痛時にベルト(コルセット)は使用したほうがいいですか?

【答え】痛みが酷い時などは、腰を安定させる効果のある腰痛ベルトの使用は悪くはありません。ただ長期に渡る使用は控えた方がいいです。

付けたときの安心感から、痛みがなくなった後もついつい習慣的に使用してしまう人が多いのですが、はっきり言って習慣的に使うメリットはありません。

腰痛ベルトの長期使用は筋力を低下させ、腰痛予防どころか体を腰痛に対して弱くしてしまうだけです。

よって腰痛ベルトの使用は腰痛発症から1週間程度にして常用は控えるようにしましょう。


2016年12月22日