広島で腰痛治療は腰痛専科にご相談ください

鍼(灸)は腰痛治療に効果があるのか?

「鍼は腰痛に効果があるの?」という質問をよく耳にします。正直なところ、どうして効果があるのかは諸説あり確たる科学的根拠もないので分かりません。

痛みを緩和させているメカニズムを簡単に説明しますと、鍼治療は体にあるツボを鍼で刺激することによって自律神経系のバランスを整えたり、血行を良くすることで、自然治癒力を最大限まで発揮させ痛みを緩和させる治療法です。ある書物によると、その歴史は紀元前の中国にまで遡ります。

根拠はないですが、この歴史の長さこそが鍼治療の裏付けでもあります。

ただ、最近そのメカニズムが科学的に徐々に明らかになり始めているようです。詳しい説明は省きますが、鍼を刺すことで発生する物質(アデノシン)が痛みを和らげる事に作用しているらしいのです。

初めての方は「痛くないのか?」「熱くないのか?」と不安に思うこともあるでしょうが、鍼(灸)はWHOも認めている立派な治療法で、施術にあたる者は国家資格者なので安心して治療を受けることができます。

興味のある方は一度試されてはみてはいかがでしょうか。


2016年09月01日

ポジティブ思考で腰痛治療

腰痛予防にとって大切なことは、不安にならないとうことです。

腰痛が起こると、不安になり行動範囲が狭くなります。行動範囲が狭くなると筋力が落ちたり、血行不良になったりと、再度腰痛が起こりやすい状態に陥ってしまいます。そうするとまた、不安になり行動範囲が・・・・と、不安の悪循環にはまってしまい腰痛が慢性化する原因となります。

そこで、この悪循環を断ち切るために大切なことはポジティブ思考を持つことです。

また腰痛になってしまうのかと不安になってしまう気持ちも分かりますが、実際に「動くことで回復が早くなる」という効果が実証されていますので、動くことに対してネガティブなイメージは捨ててください。

思考を、動くと「痛い」ではなく「血流が良くなり患部に栄養が運ばれる」と切り替えるのです。

腰痛にはポジティブ思考で臨みましょう。


2016年09月08日