広島で腰痛の専門院「腰痛専科

腰痛とマッサージ

ぎっくり腰になったときマッサージ屋さんに行ったり、自分でマッサージをした事はありませんか?

これは大きな間違いです。ぎっくり腰にマッサージは厳禁です。

なぜなら、ぎっくり腰は簡単に言うと腰の捻挫のようなものですので、捻挫した炎症部を揉んだりすると余計に炎症が酷くなり治りが遅くなってしまいます。

足を捻挫してマッサージはしませんよね。腰も同じです。

よって、治療法も患部は動かさず冷やすということになります。 1週間もすれば痛みはかなり引いていると思うので、その時に初めて筋肉の凝りを解すためにマッサージをしてあげるといいでしょう。


2014年09月10日

物を持つ時に腰に掛かる負荷

よく「重たいものを持ち上げようとしたら、ぎっくり腰になった」という話を聞きますが、実際にはどれくらいの負荷が腰に掛かっているのでしょうか。

人は普通に立っているだけで腰に負担をかけています。ましてや前傾姿勢になると、その負荷は角度が大きくなるにつれて増えていきます。

・0度で50キロ
・30度で150キロ
・60度で250キロ
・90度で300キロ

さらに、重たいものを持つとなると、その負荷はかなりのものになります。 例えば、50の物を90度の体勢で持ち上げた場合。腰への負荷は700キロ近くになります。

50キロの物を持ち上げることはなかなかありませんが、物を持ち上げる場合には、重さに関係なく必ず腰を落としてから持ち上げるようにしてください。


2014年09月20日