広島で腰痛の専門院「腰痛専科

新しい腰痛の治療法

腰痛の治療法といえば、整体に行ったり、接骨院で電気をあててもらったり、鍼灸院で針を打ってもらったりと色々ありますが、ここではちょっと違った角度から焦点をあててみましょう。

治療のポイントは、思考の切り替えです。まずは、直接痛みを発している患部に目を向けるのではなく、心を落ち着かせる事に重点を置きます。(リラックスするということです)

次に実際に治った人の話を聞いたり、治った姿をイメージしたりして、腰痛は治るものだと体に思い込ませます。

そうして、今まで通り生活を送ってください。このことを毎日繰り返していると自然に痛みがなくなっていきます。

なんだ暗示かと思われたでしょうが、実際この理論のもと多くの方が腰痛から救われています。


2014年05月10日

腰痛の多い職業と曜日

厚生労働省の統計によると、職業病全体の6割を腰痛が占めおり、その中の4800件が仕事を4日以上欠勤しているそうです。腰痛の起こった職種トップは介護職で、曜日別のトップは月曜日となっています。

介護職は前屈みになることが多く、不自然な姿勢で作業することも多く腰痛になりやすい職業です。

疲労が溜まった状態で休日を過ごし、急に体を動かしで腰痛が発症したということが、この統計から読み取ることができます。

仕事始めの月曜日は、無理をせず徐々に体を動かして慣れさせていくことが、腰痛予防にとって重要となりそうです。


2014年05月20日