広島で腰痛の専門院「腰痛専科

体型による腰痛

太っている人は腰痛になりやすいといわれますが、痩せている人も同様に腰痛に注意しなければなりません。

太っている人が腰痛になりやすい理由は体重と運動不足による筋力の低下です。

体重が重いとそれだけ腰に負担が増え腰痛が起こりやすくなります。また、太っている人は運動不足であることが多く運動不足による筋力の低下も腰痛の原因となります。

一方で痩せている人の場合、痩せている人は筋量が少ない場合が多く、腰を支える力が弱く結果、腰への負担が増えて腰痛が起こりやすくなります。

腰痛は太っているからといってなりやすいとは限りません。


2013年11月05日

運動療法の効果?

腰痛体操、腹筋背筋トレーニング、ウォーキングなどの運動により腰痛を治すという方法が雑誌やネットなどで取り上げられていますが、本当に腰痛治療に効果があるのでしょうか?

実際に痛みのある中で、これらの運動をすることは難しく「やってみたら腰がさらに痛くなった」という話も少なくありません。

では、腰痛体操などに代表される運動療法は間違っているのか?

「いいえ」、その運用法に問題があると思われます。

そもそも、運動は腰痛が発症しないように行なわれるのが本来の役割であって、腰痛が発症してから運動しても本末転倒といえる部分があります。

腰痛が発症した場合で行う運動でも闇雲におこなうのではなく、まずは体のバランスを取り戻し、筋力の伸縮のバランスを整えてからおこなわないと効果は期待できません。


2013年11月15日