広島で腰痛の専門院「腰痛専科

起床時の腰痛

腰痛がある人で朝起きたら腰痛が酷くなっていたということありませんか?

睡眠は体に溜まった疲れやストレスを取ったり、体組織を修復・再生したりする働きがあります。しかし寝相や寝具が悪いと疲れが抜けなかったり、腰痛がある場合には腰痛が回復せずに症状を悪化させてしまうことがあります。

腰に優しい寝相としては、横になって海老のように丸くなった姿勢です。仰向けで膝にクッションなどを入れた姿勢も腰が楽になる姿勢です。

寝相だけでなく寝具も大切でマットレスはとくに重要です。マットレスは一見すると柔らかいものが腰に良さそうですが、柔らかすぎると腰が沈み込んでしまい逆に腰に負担がかかってしまいますので腰に良くありません。

よってマットレスは適度な硬さのあるマットレスを選ぶようにしましょう。

新たにマットレスを購入しなくても、柔らかすぎると感じたら床に布団を引くなどして腰が沈み込まない硬さを調整しましょう。


2013年9月01日

腰痛予防ダイエット

腰痛予防のためにダイエットをする方も多いと思いますが、ダイエットには「成功する人」と「失敗する人」がいます。

そこでダイエットを行ううえで知っておいてほしいことがあります。

それは、食事を制限しすぎると脂肪が体内に溜まりやすくなるということです。

空腹の時間が続くと脳が「飢餓状態」だと認識して体内に脂肪を溜めようとするのです。

ダイエットでカロリーを押えようと食事をお菓子やパンだけで済ませる人が多くいますが、このような食事は体内への吸収が早く脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

よって、ダイエットの際は、野菜などの消化吸収が遅い食べ物をゆっくりと食べるようにしましょう。

「飢餓状態」になっていなければ、余分な脂肪が燃焼されダイエットに成功しやすくなります。


2013年9月05日