広島で腰痛の専門院「腰痛専科

腰痛と肥満

肥満の方は腰痛になりやすくなります。

体重が増えれば増えた分だけ腰への負担が大きくなりますので、その分腰痛のリスクが高かまります。

一向に良くならない慢性の腰痛に悩まされているという方は、一度ダイエットをして腰痛の改善を図ってみましょう。

ただ、断食などの急激なダイエットは筋力の低下を招く恐れがあるため、食事は適度に摂るようにし運動を取り入れた基礎代謝を上げ体重を落とすようなダイエットを実施するようにしましょう。


2013年8月01日

職業と腰痛(介護・看護)

介護や看護に従事している人で腰痛を訴える人は結構います。

介護や看護の業務は中腰の姿勢をとることが多く、力仕事も多いため腰を痛める可能性が高くなります。

また、夜勤などで不規則な生活を送りがちで、ストレスも多い職業です。

そのため腰痛が慢性化し、なかなか治らないといった特徴があります。

腰痛対策のポイントは、正しい姿勢を身につけるということです。

例えば、物を持ち上げるときは中腰にならずに膝を曲げてから持ちあげ、高い所にある物を取るときには無理な姿勢で取ろうとせずに台を利用して取るなどといったことです。

その他に体位変換をおこなう際には、手の力だけでおこなおうとするのではなく、体を密着させ自分の体重を使っておこなうと腰に負担をかけずに体位変換をおこなうことができます。


2013年8月15日